Familie-Blickle-und-Walter-Wager_EN

Blickle という会社

1953 年からの同族企業

1953 年、Wilhelm Sülzle は、長い歴史を持つ金物工場を息子たちと義理の息子 Heinrich Blickle との間で 3 つの独立した会社に分割しました。新たに設立された会社である Blickle は、鉄製の手押し車のホイールの製造を請け負い、それをスイベルや固定型キャスターに加え、一連の範囲の高品質ホイールに開発しました。典型的なスウェーデン人の美徳である、勤勉さ、品質へのこだわりおよび発明家としての遺伝子はすべて、継続的な製品の向上に寄与しました。1961 年の会社の創立者 Heinrich Blickle の突然の死の後、妻である Elisabeth Blickle が最高経営責任者となりました。

現在、会社の創立者の息子である Reinhold Blickle が、その妻である Denise Blickle および Walter Wager と協力して経営パートナーとして会社を運営しています。これらの経営者の下、Blickle は、過去数十年の間に、世界をリードするのホイールおよびキャスターメーカーの 1 つに成長しました。成長しながらも密接に協力する同族会社の伝統的な価値観を保持しており、企業理念は第 3 世代までも受け継がれていきます。