2014 Blickle 研修生

未来を確実に – Blickle は 16 名の新しい研修生を迎えます

2014 年 9 月 1 日、16 名の若い研修生が、ローゼンフェルドにある Blickle Räder+Rollen での職業人生の第一歩を踏み出しました。 このグループには、2 人の商業的研修生および 7 人の工業的研修生、さらに Cooperative State University の Baden-Württemberg (バーデンヴュルテンベルク産学連携州立大学) の 7 人の学生が含まれています。

これにより、研修生は、Blickle の組織および生産プロセスを知ることができます。研修は、1 週間の総合的な紹介で始まります。これには、会社の各部署での体験およびさまざまな製品トレーニングコースが含まれています。目標は、30,000 以上に及ぶホイールおよびキャスターの製品範囲の概要を知るだけでなく、新しい研修生が抱くかもしれないすべての細かな質問にも答えることでした。例えば、「社員食堂はどこですか?」や「どのようにして業務の作業時間を配分するのですか?」などです。

ローゼンフェルドの Blickle には、現在 48 人の若い研修生がいます。従業員の約 10% で占め、研修生の比率は平均を超えています。会社は、専門的に独自のトレーニング人材要件のためのトレーニングを実施しており、トレーニングの品質を重視します。会社の成長に伴って、研修生の数も着実に増えており、研修会は昨年拡張されました。