Blickle の合成ホイール

Blickle Räder+Rollen は様々なバージョンの合成ホイールを提供します。ポリプロピレン、射出またはキャストナイロン、または強靭キャストナイロン製の合成ホイール耐熱性 Blickle 合成ホイールはフェノール樹脂製です。包括的な Blickle Standard 製品はホイール Ø が 35 mm ~ 400 mm で、積載量が最高 50,000 kg までの合成ホイールをご用意しています。

ご依頼に応じて、Blickle はお客様固有の合成ホイールを生産します。

合成ホイール-選択基準

合成ホイールを選択する際は、以下の選択基準を守ります。
  • 積載量
  •     ホイール Ø
  •     ベアリングの種類
  •     フロアの状態
  •     環境要因、温度、化学的性質および腐食

お使いの用途に適した合成ホイールを当社製品検索ツールで検索できます。
Blickle 合成ホイールの概要は当社製品範囲を参照してください。

合成ホイールに必要な積載量を判断


合成ホイールに必要な積載量は、輸送ユニットとその荷重の重量を、耐荷重合成ホイールの数で割って計算できます。上記結果に、合成ホイールの標準条件による安全係数を掛けます:

T = 合成ホイールあたりの積載量
E = 輸送ユニットの重量
Z = 最大積載量
n = 耐荷重合成ホイールの数
S = 安全係数

合成ホイールでは、安全係数 S を標準条件からの偏差に考慮します (平坦なフロア、走行速度、均一な荷重分配、走行直進、+15°C ~ +28°C の周囲温度)。速度に加えて、安全係数はホイール Ø と障害物の高さの比率により影響されます。合成ホイールの標準条件からの偏差が大きければ大きいほど、選択すべきの係数 S は大きくなります。

合成ホイールの始動抵抗や転がり抵抗、運転ノイズおよびフロア表面保護


合成ホイールでは、始動抵抗および転がり抵抗は様々な要因により影響されます。

合成ホイールの始動抵抗

始動抵抗とは、合成ホイールが停止状態から動作状態に遷移するために必要な力です。合成ホイールの定常運動を維持するために必要な力を転がり抵抗と呼びます。始動抵抗および転がり抵抗は以下の要因により影響されます。

  •     ホイール Ø
  •     タイヤ溝
  •     タイヤ溝/タイヤ硬度
  •     タイヤ溝の弾性
  •     荷重
  •     表面

合成ホイールの転がり抵抗

合成ホイールは一般的に低い転がり抵抗が特徴です。

転がり抵抗はテストベンチを使用して測定します。様々な読み取り値の測定は理想的な条件下で決定されます。

汚れや障害物のない、水平、滑らかなスチール表面
速度:4 km/h
温度:+20° C
荷重:最大積載量の 2/3

上記の標準条件下で、合成ホイールシリーズの転がり抵抗と、その他タイヤ溝の転がり抵抗は比較可能です。合成ホイールを選択し転がり抵抗値に大きな影響があった場合は、標準条件偏差 (表面状態、温度、速度など) を観察する必要があります。

合成ホイール – 運転ノイズ

一般的に、以下に適用します。合成ホイールはその材質により、より柔らかいタイヤ溝のホイールよりも大きい運転ノイズを生じます。ホイールが大きいほど、さらにタイヤ溝が柔らかく厚いほど、ホイールはより静かに運転します。荷重が低くフロアが柔らかい場合 (じゅうたん地) は、合成ホイールを使用しても低ノイズ放出と高いフロア表面保護が可能です。

フロア表面保護

硬いタイヤ溝は柔らかいタイヤ溝よりもフロアを傷つけます。平均フロア圧力はフロア表面保護を表す特徴です。以下の値は、様々なホイールのタイヤ溝材料の参照として考慮できます。

合成ホイール:

  •     ポリプロピレン/ナイロン > 40.0 N/mm²
  •     キャストナイロン > 60.0 N/mm²

追加タイヤ溝:

  •     空気式タイヤ ~ 1.0 N/mm²
  •     軟質ゴム ~ 1.0 N/mm²
  •     超弾性ソリッドゴム ~ 1.5 N/mm²
  •     弾性ソリッドゴム ~ 2.0 N/mm²
  •     ソリッドゴム/ポリウレタン ~ 5.0 N/mm² (約 75° ショア A)
  •     ポリウレタン ~ 7.0 N/mm² (約 92° ショア A)
  •     熱可塑性ポリウレタン ~ 15.0 N/mm²
  •     鋳鉄 > 200 N/mm²
  •     スチール > 400 N/mm²


Blickle 合成ホイールシリーズ

以下で Blickle 合成ホイールシリーズの概要をご覧いただけます:

Blickle ナイロン装置合成ホイール – POA シリーズ

POA シリーズ合成ホイールは高品質ナイロン、ブラック、射出成型で作成されていて、低い転がり抵抗が特徴です。ボールベアリングバージョン:射出成型の、シールされたボールベアリングは合成ホイールに汚れや湿気からの優れた保護を提供します。
ベアリングタイプ:プレーンボア、ボールベアリング
ホイール Ø:35 – 150 mm
積載量:最大 180 kg

Blickle ポリプロピレン合成ホイール - PP シリーズ

PP シリーズの合成ホイールは射出成型されたポリプロピレンホイールです。転がり抵抗が低く、幅広い腐食性物質に対して優れた耐性があります。標準条件下で、合成ホイールはメンテナンス不要です。ローラーベアリング付きのホイールは長寿命グリースで潤滑されます。上記合成ホイールはブラックおよびホワイトがあります。
ベアリングタイプ:プレインボア、ローラーベアリング、ボールベアリング
ホイール Ø:80 – 200 mm
積載量:最大 500 kg

標準バージョンに加えて、以下のバリエーションをご用意しています。

  •     導電性、ブラック
  •     ステンレス鋼ローラーベアリング
  •     スレッドガード

Blickle ポリアミド合成ホイール - PO シリーズ

PO シリーズの合成ホイールは中荷重バージョンの射出成型ナイロンホイールです。転がり抵抗が非常に低く、幅広い腐食性物質に対して優れた耐性があり、標準条件下でメンテナンス不要です。ローラーおよびボールベアリング付きのホイールは長寿命グリースでで潤滑されます。上記合成ホイールはナチュラルホワイトです。
ベアリングタイプ:プレインボア、ローラーベアリング、ボールベアリング
ホイール Ø:60 – 300 mm
積載量:最大 1,500 kg

標準バージョンに加えて、以下のバリエーションをご用意しています。

  •     導電性、タイヤ痕の付かない、グレイバージョン
  •     ステンレス鋼ローラーベアリング
  •     ボールベアリングシール
  •     ステンレス鋼ボールベアリング
  •     グリースニップル
  •     スレッドガード

Blickle 3 成分合成ホイール、低ノイズ運転 - POW シリーズ

POW 合成ホイールシリーズは 3 成分ホイールです。ホイールハブとタイヤ溝は高品質な射出成型ナイロン製です。この合成ホイールは非常に低い転がり抵抗での高い積載量が特徴です。ソリッドゴム製の非常に弾性のあるクッション層が低ノイズ運転 (-10 デシベル) を可能にし、衝撃や衝突を吸収します。合成ホイールは耐摩耗性が高く、幅広い腐食性物質に対して優れた耐性があります。標準条件下で、合成ホイールはメンテナンス不要で長寿命グリースで潤滑されます。上記合成ホイールはホワイト/レッド/ホワイトです。ローラーベアリングバージョンには車軸管が同梱され、合成スレッドガードが組み込まれています。
ベアリングタイプ:ローラーベアリング、ボールベアリング
ホイール Ø:100 + 125 mm
積載量:最大 220 kg

標準バージョンに加えて、以下のバリエーションをご用意しています。

  •     ステンレス鋼ローラーベアリング
  •     ボールベアリングシール

Blickle 重荷重合成ホイール - SPO シリーズ

SPO シリーズの合成ホイールは射出成型された重荷重ナイロンホイールです。転がり抵抗が非常に低く、幅広い腐食性物質に対して優れた耐性があり、標準条件下でメンテナンス不要です。ボールベアリング付きのホイールは長寿命グリースで潤滑されます。上記合成ホイールはナチュラルホワイトです。最終ホイールとして使用する場合、ジャーナルの寸法を測る時軸受ジャーナルの積載量を考慮する必要があります。
ベアリングタイプ:プレーンボア、ボールベアリング
ホイール Ø:75 – 250 mm
積載量:最大 2000 kg

標準バージョンに加えて、以下のバリエーションをご用意しています。

  •     グリースニップル
  •     ステンレス鋼ボールベアリング
  •     スレッドガード

Blickle 超重荷重ナイロンホイール - GSPO シリーズ

GSPO シリーズの合成ホイールは強靭な、高圧縮キャストナイロン製の超重荷重ナイロンホイールです。転がり抵抗が非常に低く、幅広い腐食性物質に対して優れた耐性があり、標準条件下でメンテナンス不要です。上記ホイールはナチュラルベージュです。最終ホイールとして使用する場合、ジャーナルの寸法を測る時軸受ジャーナルの積載量を考慮する必要があります。
ベアリングタイプ:ボールベアリング
ホイール Ø:80 – 400 mm
積載量:最大 12000 kg

標準バージョンに加えて、以下のバリエーションをご用意しています。

  •     静荷重または超低速用のプレーンボアバージョン
  •     ステンレス鋼ボールベアリング
  •     極端な条件下での作業用途用の球形ローラーベアリング
  •     球形ローラーベアリングのシーリングワッシャ

Blickle フランジ付き圧縮キャストナイロン合成ホイール - SPKGSPO シリーズ

SPKGPO シリーズの合成ホイールは強靭な、高圧縮キャストナイロン製のフランジ付きホイールです。圧縮キャストナイロン製の合成ホイールは転がり抵抗が非常に低く、振動およびノイズを吸収し、幅広い腐食性物質に対して優れた耐性があり、標準条件下でメンテナンス不要です。フランジおよびタイヤ溝は機械加工されていて、タイヤ溝には 3° の水平テーパーが付いています。表中に記載された積載量は以下の DIN 536 (クレーンレール標準) に準拠したレール断面に対するフランジ付き合成ホイールの割り当てを参照しています。

全 SPKGSPO キャストナイロンフランジ付き合成ホイール: 45 (DIN 536)

上記合成ホイールはナチュラルベージュです。最終ホイールとして使用する場合、ジャーナルの寸法を測る時軸受ジャーナルの積載量を考慮する必要があります。

ベアリングタイプ:ボールベアリング
ホイール Ø:50 – 250 mm
積載量:最大 3000 kg

標準バージョンに加えて、以下のバリエーションをご用意しています。

  •     ステンレス鋼ボールベアリング
  •     固定ブラケット付き

Blickle フェノール樹脂製熱耐性合成ホイール

フェノール樹脂製合成ホイールは熱硬化性合成材料から構成されています。非常に高い静荷重量が特徴で、耐腐食性であり、最大熱要件に最適で、幅広い腐食性物質に対して耐性があります。しかし、上記の合成ホイールは強酸およびアルカリには耐性がありません。フェノール樹脂製合成ホイールは高研磨効果と、フェノール樹脂の限定的な機械的安定性により、粗いフロアおよびしきい値を超える場合には条件付きでのみ適します。ブラック。
フェノール樹脂は -35°C ~ +260° C、一時的には最高 +300°C の温度まで使用できます。硬度は 90°±3° ショア D です。
ベアリングタイプ:プレーンボア、熱耐性ボールベアリング
ホイール Ø:80 – 200 mm
積載量:最大 500 kg

標準バージョンに加えて、以下のバリエーションをご用意しています。

  • テフロン加工ステンレス鋼製車軸チューブ

Blickle 合成ホイール材料の詳細情報


以下で Blickle に使用している合成材料についての詳細情報をご覧いただけます。

ポリプロピレン製合成ホイール - PP シリーズ

熱可塑性合成材料製合成ホイール。これらは衝撃耐性があり、タイヤ痕の付かなく、非汚染、耐腐食性、無臭、無味、生理的に安全で、幅広い腐食性物質に対して耐性がありますが強い酸またはハロゲン化水素には耐性がありません。さらに、上記合成ホイールは転がり抵抗が低く、湿気を吸収しません。特に高温では、上記合成ホイールは脂肪族および芳香族炭化水素で膨張することがあります。ナチュラルホワイト。

ポリプロピレンは -20°C ~ +60°C の温度で使用できます。
+30°C 以上の周囲温度では、上記合成ホイールの積載量は減少します。
硬度は 70°±5° ショア D です。

ナイロン合成ホイール – POA、PO、POW、SPO シリーズ

熱可塑性合成材料製ナイロン合成ホイール合成ホイールは衝撃耐性があり、タイヤ痕の付かなく、非汚染、耐腐食性、優れた耐摩耗性、無臭、無味、衛生的で、幅広い腐食性物質に対して耐性がありますが、鉱酸、酸化剤、クロロカーボンおよび重金属食塩水には耐性がありません。さらに、上記合成ホイールの転がり抵抗は非常に低いです。ナイロン合成ホイールは湿気を吸収し放出するので、周囲の湿度および温度によってはサイズ変化が生じます。ナチュラルホワイト。

ナイロンは -40°C ~ +80°C の温度で使用できますが、一時的にはさらに高い温度でも使用可能です。+35°C 以上の周囲温度では、上記合成ホイールの積載量は減少します。
+250°C までの高温での使用には、特殊な耐熱性ナイロンが使用されます。
上記合成ホイールの硬度は 70°±5° ショア D で、特殊な熱耐性ナイロン製の場合は 85°±5° ショア D です。
Blickle 圧縮キャストナイロン製超重荷重合成ホイール – GSPO、SPKGSPO シリーズ

圧縮キャストナイロン製合成ホイールは熱可塑性の、反応射出成形合成材料から構成されています。上記合成ホイールは衝撃耐性があり、タイヤ痕の付かなく、非汚染、耐腐食性、優れた耐摩耗性、無臭、無味、衛生的で、幅広い腐食性物質に対して耐性がありますが、鉱酸、酸化剤、クロロカーボンおよび重金属食塩水には耐性がありません。積載量、引張および圧縮強度、弾性、形状保持および湿気吸収に関しては、圧縮キャストナイロン製合成ホイールは、射出成形ナイロン製のものよりも良好な結果が得られます。さらに、転がり抵抗が非常に低いです。ナチュラルベージュ。

圧縮キャストナイロンは -40°C ~ +80°C の温度で使用できますが、上記合成ホイールの場合一時的にはさらに高い温度でも使用可能です。
+35°C 以上の周囲温度では、積載量は減少します。
硬度は 80°±3° ショア D です。
感圧性のフロアの場合、合成ホイールの比較的高いフロア圧力を考慮してください。

Blickle フェノール樹脂製熱耐性合成ホイール - PHN シリーズ

フェノール樹脂製合成ホイールは熱硬化性合成材料から構成されています。上記合成ホイールは非常に高い静荷重量が特徴で、耐腐食性であり、最大温度要求性に最適で、幅広い腐食性物質に対して耐性があります。しかし、これらは強酸およびアルカリには耐性がありません。フェノール樹脂製合成ホイールは高研磨効果と、フェノール樹脂の限定的な機械的安定性により、粗いフロアおよびしきい値を超える場合には条件付きでのみ適します。ブラック。

フェノール樹脂製合成ホイールは -35°C ~ +260° C、一時的には +300°C までの温度で使用可能です。
硬度は 90°±3° ショア D です。
合成ホイール – 便利なリンク

ホイールおよびキャスターガイド
製品範囲