Blickle ErgoMove 駆動システムがプロセスを最適化

牽引トレインから生産ラインへ直行

クライアント

BSH Hausgeräte GmbHは、1967年にボッシュとシーメンスの合弁会社として設立されました。BSHは、2015年よりボッシュ・グループの100%子会社となりました。ブランデンブルク州ナウエンの工場は、洗濯機の製造と組み立てを専門に行い、年間約60万台を出荷しています。


課題

あるサプライヤーは、洗剤容器を組み立てた状態で BSH に提供しています。この重い部品は、あらゆる洗濯機のドラムを構成する重要な部品です。同社はこれまで、生産ラインへの部品の搬送に HGV とフォークリフトを使用していました。しかし、生産ホールのスペースが限られていることが問題でした。ドラム缶の重量からして、到底手作業で行えるものではありません。そこ BSHは、自社の生産拠点とサプライヤーの近隣工場との間に、牽引トレインシステムを設置することにしたのです。各台車には、洗剤容器をパレット積みすることができます。各台車には2つの固定キャスタと4つの自在キャスタがあり、牽引トレインから生産ラインへの移動が可能です。台車1台あたりの重量は約450kgです。


当社のソリューション

Lenkrolle LH-ALTH 160K-AS

台車の重量を考慮し、BlickleはErgoMove 1000シリーズの4つの自在キャスタと2つの固定キャスタを組み合わせて使用することを決定しました。固定キャスタには電気駆動システムが組み込まれており、従業員への身体的負担を最小限に抑えることができます。センサーを内蔵したハンドルが、作業者の移動方向を直感的に感知し、電動キャスタを作動させます。反転ブレーキが内蔵されているため、作業者は台車を減速させるために力を入れる必要がありません。ErgoMove 1000 は、1,000kgまでの荷重を4km/hまでの速度で搬送するのに適しています。お客様は固定キャスタにサスペンションを追加されました。 凹凸面への接触を保証するためです。トレッドには、ErgoMove 1000 シリーズの標準仕様であるBesthane Softを採用しました。優れた転がり抵抗を実現する材質です。

2つの電動固定キャスタと4つの Extrathaneトレッド付きLH-ALTH 160K-AS 自在キャスタを組み合わせました。.帯電防止トレッドにより、静電気が作業者や搬送装置に影響を与えるのを防ぎます。


結果

結果として、以前よりもはるかに人間工学に基づいた効率的なプロセスを実現することができました。この家電メーカーは、牽引トレインの台車に多くの部品を積み込むことができるとともに、台車を一人で動かすことができるため、従業員の作業負担を軽減することができます。システムはまた、台車に追加変更を加えることなく、高い安全性を実現しています。電気機械式のデッドマンブレーキシステムを内蔵し、台車がオーバー走行するのを防ぎ、危険な状況の場合に簡単に止めることができます。自在キャスタの帯電防止トレッドは、不要な電気放電を防ぎます。


メリット

  • エルゴノミクスの向上:身体的ストレスの軽減
  • 効率の向上:台車1台あたりのユニット数増加
  • 安全性の向上:デッドマンブレーキと帯電防止トレッドの内蔵
  • 直感的な操作でオペレーターの利便性を向上