重量物の輸送が簡単に

ErgoMove 2000がCLAAS向けに重量コンポーネントの輸送を最適化

クライアント

Hareswinkelに拠点を置く同社は、ヨーロッパコンバイン収穫機市場で大手プロバイダーです。CLAASは世界最大の自立型飼料収穫機のサプライヤーでもあります。農業分野では、CLAASはトラクター、農業用プレス機、収穫機械の大手サプライヤーです。製品範囲には最先端の農業情報技術も含まれています。CLAASは全世界に1万1900人の従業員を擁し、2021年度には売上高48億ユーロを達成しました。


課題

同社はコンバイン収穫機製造施設内で、Blickleのキャスターを搭載した手押しカートを長年使用してきました。従業員はこれらの手押しカートを使用して、部品を組み立て前施設から製造ラインに運びます。しかし、問題が1つ生じました。部品が年々大型化し、重量が1.6トンにもなる部品もあります。一番重い荷物を手押しで運ぶには最低2人が必要であり、肉体的にも大変な作業です。そこで、会社は従業員の負担を軽減するための適切な代替手段を探すことにしました。


当社のソリューション

EM2000T-BS-GBS 200K-ET-2FG徹底的な分析の結果、Blickleの専門家はErgoMove 2000 電気駆動システムの使用を提案しました。現在では、重い荷物を運ぶのに必要な従業員は1人だけです。

ErgoMove 2000は、最大2トンの荷物を運ぶことができます。システムは駆動力だけでなく、ステアリングとブレーキ補助の機能も備わっています。ErgoMove 2000はカートの耐荷重構造に組み込まれているため、重さに関係なくスムーズなハンドリングが行えます。電気駆動には緊急停止スイッチ、アンチトラッププロテクション、電気機械式デッドマンブレーキなど、関連するすべての安全機能が搭載されています。これにより、システムは荷物を運ぶための安全なソリューションとなります。2つの回転式ジョイスティックを備えたコックピットにより、狭いスペースでも重い荷物を簡単に操作できます。


結果

CLAASはRosenfeldの専門家が提案したソリューションに感銘を受けました。しかし、標準品では対応できないことがすぐに明らかになりました。防火要件のため、製造施設では輸送カートのバッテリーを充電できませんでした。BlickleのErgoMoveの専門家はすぐに解決策を見つけました。耐火キャビネット内でバッテリーを充電できるように、バッテリーユニットを搭載した制御ボックスを設計しました。

CLAASはBlickleの人間工学ソリューションに非常に満足しました。1人の従業員がボタンを押すと、重い部品を簡単かつ安全に運ぶことができるようになりました。


EM2000T-BS-GBS 200K-ET-2FG + EM-BATTERYBOX 0.5Mセットの技術情報と利点

  • 非常に重たい荷物でも完璧な動作。
  • 2本の回転式ジョイスティックを備えた装置は、狭い場所でも重い荷物の操縦を容易にします。
  • 人間工学的に正しい作業環境を提供します。
  • 内部輸送の効率を向上させます。
  • バッテリーの取り外しや交換が可能な外付けバッテリーチャージャー。
  •