最適化されたトレッド形状で、エネルギーを節約します

重荷重ガイドホイール FALBN 75x20/17H7-23-921539:

クライアント

オーストリアに本社を置く同社は、15年前から社内物流ソリューションの開発・製造を行っています。サプライチェーンマネジメントの専門家、オートメーション技術者、ソフトウェア開発者が、物流施設の計画、最適化、導入に関わる複雑な作業を行います。


課題

あるゼネコンのプロジェクトは、社内のマテリアルフローを処理するために、無人搬送車システム(AGV)が最も実用的なソリューションであると判断しました。クライアントは、徹底した市場分析を行った上でメーカーを選びました。しかし、クライアントは、AGVシステムが将来のオペレーターのマテリアルフローレイアウトに統合される方法に満足できませんでした。そこで、自社でAGVを開発することにしたのです。クライアントはエネルギー効率を最大限に高めながら、搬送装置あたり最大1000kgの負荷に対応できる駆動輪を探していました。無人搬送車1台につき、2つのホイールを備えた駆動・操舵ユニットが4つ必要でした。クライアントは、エネルギー貯蔵用にLiFePo4(リン酸鉄リチウム電池)を使いたいと考えていました。


当社のソリューション

Schwerlast-Führungsrad FALBN 75x20/17H7-23-921539

この用途に最適と思われるトレッドの素材はポリウレタンエラストマーBlickle Besthane® でした。このトレッドは、非常に低い転がり抵抗が特徴です。ショア硬度を92°から96°に変更し、トレッドの輪郭を最適化して巻き上げることで、高い耐荷重と低い旋回抵抗を実現しました。


結果

Blickleが提供したサンプルホイールは、クライアントのテストに見事に合格しました。また、Blickleのソリューションは、最高のエネルギー効率を実現しました。クライアントはすでに2018年用に追加注文を入れています。


FALBN 75x20/17H7-23-921539 の製品メリットと技術情報:

  • ポリウレタン製トレッドには硬度96°ショアAのBlickle Besthane®を使用し、オーバーワウンドコンターにより転がり抵抗と旋回抵抗を最適化
  • 時速5kmで1輪あたり195kgの高耐荷重
  • 幅5JS9、車輪軸内径Ø 17H7のハブのキー溝と用途に応じて固定できる4つの取り付け穴付きの堅牢なアルミ製ホイールセンタ-