スムーズで安定 - 高い負荷がかかっても

重荷重自在キャスタ LH-POTH 125K-890621

お客様

...は、プラスチック押出成形のスペシャリストであり、ドイツを拠点に窓、ドア、ローラーシャッター用のプラスチックパネルとプラスチックプロファイルシステムを提供する世界的なリーディングカンパニーです。約40カ所の拠点で製品を販売し、全世界で5,600人以上の従業員が働いています。

課題

ガラス扉用プロファイルの製造工程の一部として、お客様は搬送装置を使って製品を社内に搬送します。これらの搬送装置はフォークリフトやその他の牽引機を使って、2台ずつ移動させます。牽引トレインは、産業用コンクリートのカバーフロアを時速8キロメートルで長距離走ります。

従来は、他社から供給された鋳鉄製ホイールが付いた4つの鋳鉄製取付金具を使って搬送装置を運んでいました。このホイールは頻繁に崩れ、搬送装置と地面にダメージを与えていました。

お客様は、事故やさらなる破損のリスクを減らすために、より目的に合ったキャスタのソリューションを求めていました。また、以前のセットアップにこれ以上お金をかけたくないという思いもありました。また、スムーズな走行と長寿命が得られるソリューションであることも求められました。


当社のソリューション

Schwerlast-Lenkrolle LH-POTH 125K-890621

LH シリーズの重荷重取付金具と様々なブリッケルのホイールシリーズを組み合わせて走行テストを重ね、お客様のご要望に最も合致する解決策を見出しました。Blickleはコストに目を向けながら、強化ナイロン製ホイールセンタ-、大型ボールベアリング、成型98ショアAのポリウレタン製トレッドを備えたPOTH ホイールシリーズの最適仕様を開発しました。

硬化処理を施したベアリング受け座を採用した堅牢なLH シリーズの重荷重取付金具を追加し、最適なキャスタシステムを完成させました。Blickleは、プレート取付タイプの穴パターンに合わせて、お客様が追加費用なしで簡単にキャスタを取り付けられるようにしました。

お客様が以前使用していた鋳鉄製のキャスタに比べ、Blickle LH-POTH ソリューションはよりスムーズで、床への負担が非常に少なくなっています。また、走行時の低騒音性も格段に向上しています。


結果

強化されたBlickle LH-POTH 重荷重キャスタを使用することで、キャスタの磨耗が大幅に減少し、その後のコストが削減され、床の修理の必要性もなくなったため、お客様は大幅にコストを削減することができました。新しいシステムは人間工学的な観点からもかなり改善されています。


LH-POTH 125K-890621 の技術情報と製品メリット

  • 強化ナイロン製ホイールセンタ-、大型ボールベアリング、特別な硬度を持つトレッド
  • プレート取付タイプの穴パターンにより、新仕様への切り替えが容易
  • 従来品に比べ、騒音レベルを低減
  • 磨耗を低減
  • 人間工学に基づく改良