Blickleソリューションによる安全なガイド

フランジ付きホイール SPKTHN 150x40/30H7-52-931619:

お客様

… は、ドイツに本社を置き、ポリウレタン加工の分野で世界市場をリードしています。従業員数は750人以上で、年間売上高は約1億3,400万ユーロです。2008年には上海に子会社を設立し、88名の従業員を擁しています。この子会社は、グループの販売、研究および開発の拠点となっています。


課題

この生産施設には、駆動輪に取り付けられた118本のコンベアベルトがあり、炉から出た冷蔵庫の金型コアをさまざまな場所に運んで保管・加工しています。この搬送は3日に1回、5〜10分間、秒速0.2mで行われます。コンベアベルトは、ホイールの上に不均一に供給される最大2.5トンの重量物を搬送することが可能です。コンベアベルトのいくつかのセクションは、70℃に保たれた炉の中にあり、アイテムはこれらの炉を出た後、50℃の温度で搬送されます。

お客様は、コンベアベルト上の部品ホルダーをガイドする信頼できるホイールを必要としていました。また、スペースの制約や炉の高温を考慮しながら、駆動コンセプトを実装する方法も模索されていました。

Blickleは技術的な議論に参加し、お客様と一緒に解決策を考えました。


当社のソリューション

Spurkranzrad SPKTHN 150x40/30H7-52-931619

冷蔵庫をスムーズかつ安全に搬送するために、ハブ溝付きの特殊なフランジ形駆動輪を開発しました。ホイールの表面には、Blickle Extrathane®ポリウレタン製トレッドが施され、搬送中の衝撃吸収性と騒音レベルの低減を保証しています。


SPKTHN 150x40/30H7-52-931619 の製品メリットと技術情報:

  • ガイド機能を備えた独自の目的に合わせた駆動輪
  • 転がり抵抗の少ない高品質なBlickle Extrathane®ポリウレタン製トレッド
  • 振動の低減
  • 最大+90℃の温度に短時間耐えることが可能。その材質はまた、耐荷重を軽減した状態で+70°Cまでの温度への長期暴露に耐えることができます。