高負荷でも振動のない回転を実現

Blickle Extrathane® ポリウレタン製トレッド STHN 620x1000/180-1000-937434 付き重荷重駆動ローラー

お客様

... は、2005年に設立されたデンマークの企業です。同社は風力発電産業向けに、タービンタワーやその他の風力発電部品製造用の溶接システムやハンドリング設備など、さまざまなソリューションを提供しています。


課題

風力発電のタワーは、スチールをセグメントに切断し、圧延し、溶接して製造されています。タービンタワーの重量は約1,000トンです。溶接工程では、管状のセグメントを回転体に載せて、個々のセグメントを回転させ、部品を溶接する方法が取られています。

従来、回転体には高い負荷に耐えることが要求されるため、スチールホイールが使用されていました。剛性の高いスチールホイールは、タワーの回転時に振動を発生させ、溶接部に悪影響を与えていました。これは、曲げ加工された筒状のセグメントの表面品質が悪く、真円度が低いことが原因でした。

この振動に対処するため、メーカーはスチール製ホイールセンターまたは鋳造ホイールセンターにポリウレタン製トレッドを持つホイールを採用し始めました。必要な積載量を確保するためには、1車輪軸に最低でも2つのホイールが必要でした。筒状のセグメントの重量が増すと、4つのホイールを隣り合わせに配置しなければ必要な耐荷重を確保できなくなります。この設計の欠点は、4つのホイールを隣り合わせに配置することで、車輪軸に大きな負荷がかかることです。このため、車輪軸の故障を防ぐためには、かなりの車輪軸直径が必要です。お客様は、材料費を削減し、さらに高い耐荷重を達成するために、ポリウレタンホイールを1つだけ使用する新しいソリューションを求めていました。


当社のソリューション

Schwerlast-Antriebswalze mit Polyurethan-Laufbelag Blickle Extrathane® STHN 620x1000/180-1000-937434

Blickleのエンジニアはお客様と密接に協力して、100トンの耐荷重を持つローラーを開発しました。これは、4つの個別のホイールを使用した場合と比較して25パーセントの改善です。安定したスチール製ホイールセンターは、ローラー本体の内側にある2本のセンターバーで補強されています。ホイールセンターの特殊形状により、ホイールユニット外側のベアリング位置付近に負荷を分散させ、ホイール軸の応力量を大幅に低減しています。これにより、お客様はユニットの耐荷重を増やしながら、車輪軸直径を小さくしてその材料費を削減することができます。

ポリウレタン製トレッドは、安定したスチール製ホイールセンターに、特殊な回転鋳造法で鋳造されます。


結果

Blickleのソリューションは、耐荷重の増加と安全性の向上を実現します。また、ローラーの場合、複数の個別のホイールに比べて、取り付けの煩わしさが大幅に軽減されます。力の分散方法を工夫することで、より細いホイール軸を使用することができ、大幅なコストダウンが可能になります。

すでに多くの施設にこのヘ重荷重ローラーを設置し、テストに成功しています。この新しいBlickleソリューションは、今後、標準的な付属品として使用される予定です。


STHN 620x1000/180-1000-937434 の製品メリットと技術情報:

  • ローラー1本あたり100トンという非常に高い耐荷重性
  • ホイール軸への力の最適な配分により、車輪軸直径を小さくすることが可能
  • Blickle Extrathane®ポリウレタン製トレッドにより、優れた振動吸収性を実現