エルゴノミクスと安全性の向上

シザーリフトトラックに使用するErgoMove

クライアント

ニーダーザクセン州ニーダーランゲンにある会社Janzen Lifttechnik GmbHは、昇降装置に加えて、コラムリフト、物品用リフト、床下リフトも製造しています。現在、リフティングプラットフォームは単に荷重を上げ下げするだけでは十分ではありません。例えば、パレットケージを傾けて、商品を取り出しやすくしなければならないことがよくあります。従業員20人の同社は、高度な垂直統合を行い、継続的な品質保証を重要視しています。設計からスチール構造物の溶接、最終的な組み立てまで、すべて社内で行っています。標準のリフティングテーブルの場合、Janzenは長期間の低磨耗の動作を保証する高品質の部品のみを使用しています。


課題

経営陣から見て、耐荷重500キログラムまでのシザーリフトトラックの市場は、アジアの競合メーカーが独占しているため、Janzenは新しい道を歩むことにしました。Janzenは、1,500〜2,000キログラムという、競合メーカーが少ない負荷の範囲でその地位を確立することに成功しました。この数年、電動シザーリフトに対する顧客からの問い合わせは増え続けています。重いハンドパレットは、人力で動かすことが難しいからです。時には、荷物を積んだハンドパレットを正しく配置するために、2人がかりで作業することもありました。そこで、Janzenは独自の駆動装置の設計に着手しました。しかし、実際には、そのために必要な時間や資材の投資が予想以上にかさむことが分かりました。


当社のソリューション

Scherenhubwagen mit Blickle ErgoMove Antriebssystem ErgoMoveは、重い荷物を簡単に移動させ、人間工学的に正しい作業環境を確保し、社内搬送の効率を向上させることができます。電気駆動システムは耐荷重構造の一部として、ハンドパレットの重量に関係なくスムーズなハンドリングを保証します。Blickleは、ErgoMoveのコックピットに1本の回転式ジョイスティックを装備し、一方向への長時間移動(ターンなし)に対応した仕様を提供しています。

2本の回転式ジョイスティックを装備した仕様では、狭い場所でも重い荷重を簡単に操作することができます。Janzenの担当者は、すぐにこのシステムのメリットを理解しました。Blickleの専門家は、ハンドルバーをわずかに変更することで、ErgoMoveコントロールと操作ユニットをシザーリフトテーブルに組み込みました。また、標準装備のナイロンキャスタは、ErgoMove駆動キャスタとポリウレタン製自在キャスタに変更されました。


結果

Blickleを選択したことは、この個人経営の会社にとって実りある結果となりました。「重いシザーリフトを人間工学的に一人で簡単に移動させることができるようになりました。電気駆動、ブレーキ、ステアリングアシストにより、最大2トンの荷重を手作業で移動できるようになりました」とJanzen Lifttechnik GmbHの生産管理者であるStefan Winterは述べています。加えて、騒音の発生が低減しました。従来は硬いため音が大きいナイロン製のキャスタを使用していました。Blickleのポリウレタン製自在キャスタは、高い動的・機械的負荷に適しており、転がり抵抗が少ないため静かに走行します。シザーリフトトラックは、緊急停止スイッチ、デッドマンブレーキ、警笛、アンチトラッププロテクションを装備しています。誤操作を防ぐため、操作ハンドルには手の認識機能を搭載しています。「人間工学に加え、安全性も大幅に向上しました」と、Janzen Lifttechnik GmbHの設計者Gerrit Richterは喜びを語ります。


SET EM2000-BS-GBS 200K-ET-2FG の技術情報とメリット:

  • ハンドパレットの重量がいくらあっても完璧に操作できる。
  • 回転式ジョイスティック2本付き仕様では、狭い場所でも重い荷重を簡単に操作することができる。
  • 一社で完結するシステムソリューション。
  • 人間工学的に正しい作業環境。
  • 内部輸送の効率を高める。