方向ラッチ付き台車用キャスタ

Progressus 耐食キャスタ LPX-ALBS 180XKD-3-IS-RIR21-951644

クライアントは

...食品を運ぶ台車を製造するスイスの流通市場の企業です。台車は、商用キッチンや老人ホームのほか、宴会やホイールで運ぶ食事にも使用されます。冷たい料理と暖かい料理の温度を完全に維持する誘導加熱技術を備えた台車を提供することを専門としています。


課題

スイスの大規模な大学病院に販売されている台車の 1 つの仕様には、Progressus キャスタが装備されています。Progress ブランドのホイールとキャスタは、2014 年から Blickle の一部として取り扱われています。

大学病院のスタッフは Progressus キャスタに非常に満足していました。台車は将来、完全自動の洗浄ラインを通過するため、自在キャスタに技術的な変更を加える必要がありました。キャスタは、洗浄ラインにある間は回転しません。そうしないと、システムが詰まる可能性があります。そのため、お客様は、Progressus キャスタに特別な方向性ラッチを追加で装備するように Blickle に要求しました。


当社のソリューション

LPX-ALBS 180XKD-3-IS-RIR21-951644

密閉型自在旋回部を備えた以前のモデルは、方向ラッチを付けてアップグレードした新しい自在キャスタの基礎として機能しました。そのユニークな側面は、ラッチがデフォルトで自在旋回部をロックすることです。洗浄ライン内を直進する時は、自在キャスタが固定されます。

洗浄ライン外では操作しやすくするために、横方向の力を軽く加えるだけで自在旋回部が解放されます。ラッチトルクはすでに 2.5~3 ニュートンメートルとなっています。これにより、スタッフは洗浄ラインの安全要件を満たしながら、台車を簡単に操縦できます。

技術的には、お客様が要求するラッチトルクは「スロットとキーの原理」で実装されました。上部自在旋回部リングに 1 つのスロットをセットしました。ばねの下にあるボールは、スロットの対の片方として機能します。ばねがボールをスロットに押し込むことで、ボールがキャスタの自在旋回部をブロックします。2.5~3 ニュートンメートルのトルクが自在旋回部に加わると、ボールが押し上げられて自在旋回部リングから外れ、ばねが圧縮されます。これにより、ラッチ機能がオフになります。


結果

既存の自在キャスタを改造することで、標準部品をベースにした経済的なカスタムソリューションをお客様に提供することができました。その結果、ソリューションを迅速かつ安価に実装することができました。 大学病院は、20 年以上にわたって Progressus キャスタ付きの台車を採用し続けており、Blickle のノウハウを備えた弾力性と信頼性の高いプレミアム製品を提供できることを嬉しく思います。


LPX-ALBS 180XKD-3-IS-RIR21-951644 の技術情報および製品の利点

  • ユーザーフレンドリーな方向ラッチ:自在旋回部のストッパーを簡単に切替可能。
  • 密閉型自在旋回部の耐食のステンレス製取付金具。保護用のカバー付きボールベアリング。
  • Blickle 製ホイールおよび自在旋回部ストッパー「Ideal Stop」による安全なロック作動。