レールでも道路でも柔軟に対応し、安全性を確保

圧縮キャストナイロン製フランジ付きホイール、一体型デッドマンブレーキ SPKGSPO 143/25K-TML-946188 および SPKGSPO 143/25K-TMR-947479。 

お客様

… は、消防車両や電動スプレーシステムなどを製造するスイスの大手メーカーです。設立から30年以上、900台以上の車両を納品してきました。創業以来、レヒェルスヴィルの拠点で、スイス品質として名高い自動車車両を組み立てています。


課題

お客様は以前、ローラーコンテナ用の足回りの完成品を購入し、使用していました。エンドユーザーが、より柔軟性があり、追加の機能があるものを要望していたため、この車両メーカーは既存の機器プラットフォーム用に独自の足回りを開発しました。

計画時に考慮した重要事項は、スイスの消防隊員がほとんど軍人であるということです。実際的経験の機会が少ないため、機材はできるだけシンプルで、なおかつ頑丈であることが求められます。もう一つの難点は、展開する場所によって条件が異なることです。救助活動では、消火器とは異なる要件が足回りに求められます。また、都市部と地方では周囲の条件が異なります。さらに、ローラーコンテナの足回りは、レールの上で使用できるようにし、使用しないときはセルフブレーキをかけられるようにする必要がありました。


当社のソリューション

Spurkranz-Rad aus Gusspolyamid mit integrierter Totmannbremse

当社が開発したベース足回りは、L-ALTH シリーズの自在キャスタ2個と、B-GTH シリーズのデッドマンブレーキ内蔵固定キャスタ2個で構成されています。キャスタにはポリウレタン製トレッドが装着されています。

Blickle Extrathane®お客様との詳細な打ち合わせの後、Blickleのエンジニアは、鉄道のレール上で安全に使用できるよう、適切なフランジ付きキャスタを追加で設計しました。台車の足回りには、高品質の圧縮キャストナイロン製ホイールシリーズ SPKGSPO のフランジ付きホイールが取り付けられており、必要に応じて拡張してレール走行に適した走行コンテナにすることも可能です。4つのフランジ付きホイールのうち2つにはデッドマンシステム付きのプリテンションドラムブレーキが内蔵されており、消防士が積極的にブレーキを解除してから台車が動き出す仕組みになっています。使用しないときはシステムが内蔵されたばねでロックされ、制動動作(性能)を確保します。この原理は、ベースとなる足回りの固定キャスタ(フランジ付きホイールを拡張していない場合)と、セルフブレーキ搭載のフランジ付きホイールを備えた拡張した足回りの両方に適用されます。また、ストッパーシステムの取付金具のクローズド設計により、ブレーキシューを腐食や汚れから大きく保護します。これにより、その領域の湿気や走行路の汚れに関係なく、制動動作(性能)が一定に保たれます。


結果

プロトタイプの徹底的なテストにより、Blickleの設計が十分な能力を備えていることが証明されました。新しい足回りは、市場でしっかりアピールできると、お客様も大変満足されています。今後の足回りにはBlickleキャスタを採用予定です。また、必要に応じて、レール用デッドマンブレーキ付きのBlickleフランジ付きホイールも追加で装備します。


SPKGSPO 143/25K-TML-946188(左)およびSPKGSPO 143/25K-TMR-947479(右)の製品メリットと技術情報

  • 耐衝撃性のある圧縮キャストナイロン(PA6G)製フランジ付きホイール
  • スチールホイールセンターと比較して、キャストナイロン製ホイールセンタ-には以下のメリットがあります:

∘ 重量の軽減

∘ 耐食性

∘ コスト削減