高温や化学物質の負荷がかかってもスムーズな走行が可能

ステンレス製キャスタ LIX-SPO 125XK-933089:

お客様

…は、空調、衛生・衛生、食品・飲料の各業界で「移動する生活」のためのソリューションを提供するスウェーデンのグローバルグループの一員です。お客様のドイツ本社では、キャラバンやモバイルホーム用の窓、ドア、ローラーブラインドを製造しています。2万平方メートルの生産面積に450人の従業員を擁し、年間約8000万ユーロの売上高を計上しています。


課題

お客様は、台車上の部品を真空プラズマ装置で処理する新しいプロセスを確立しました。真空チャンバー内で負圧を発生させ、部品の表面を改質するシステムです。プロセスガス(例: O2)は、約0.1mbarの圧力で真空チャンバーに供給されます。処理終了後、チャンバーを換気し、改質された部品を取り出します。キャスタは、100℃までの温度と、キャスタ1個あたりの最大負荷170kgに耐えられるものでなければなりません。お客様は、ホイール直径125mmの既存の台車を使い続けることを希望していましたが、既存のキャスタに使われている潤滑油の化学反応など、「外部」の問題によって繊細な工程が妨げられないようにしたいと考えていました。


当社のソリューション

Edelstahlrolle LIX-SPO 125XK-933089

当社の専門家は当初、プラズマ装置内で発生するプロセスや最高100℃の温度に耐えられるよう、無潤滑の耐熱性ステンレス製キャスタを推奨していました。様々な取付金具とホイールの種類を徹底的にテストした結果、お客様はキャスタには技術的な問題を見出しませんでした。しかし、お客様はその走行特性を改善するために、PFPE(パーフルオロポリエーテル)潤滑剤を使用したいと要望されました。耐熱性、耐圧性、耐化学薬品性、酸素との相性など、真空成膜に最適な特性を持つ特殊潤滑油です。


結果

過酷な条件下でのテストでは、自在旋回部とボールベアリングに特殊グリースを塗布したキャスタが見事に性能を発揮しました。そのため、製造工程を変えることなく、キャスタを使用することができます。.このお客様は今後、すべての搬送台車を、特殊グリースを塗布した新型のLIX-SPO 125K-933089キャスタに変更する予定です。.


LIX-SPO 125K-933089 の製品メリットと技術情報:

  • 自在旋回部シールなしのステンレススチール取付金具は防食性を持ち、100℃までの温度での使用に適しています
  • 真空コーティング工程での使用に最適な特性を持つ特殊耐熱グリース
  • 高温、低い転がり抵抗と旋回抵抗で優れた性能を発揮するSPOキャスタ