MOVE 自在キャスタと特別形状のMOVE 固定キャスタの組合せ

Blickle MOVEキャスタ付きの革新的なカトラリーキャビネット

クライアント

Gastugardは、コルンヴェストハイムに拠点を置くスタートアップ企業です。同社は2014年に設立され、カトラリーホルダーや衛生ソリューションなど、ガストロノミー分野向けの製品を専門に扱っています。


課題

Gastugardの創業者たちは、従来のカトラリートレイで提供するのは一般的に衛生レベルが低いため、ガストロノミー部門向けに移動用のモジュール式カトラリーディスペンサーシステムを開発しました。コロナウイルスの大流行よりもずっと前に、安全で衛生的なナイフ・フォーク・スプーンの提供方法を考え出したのです。一品ずつ提供することで、他のカトラリーにお客様が触れることを完全に防ぐことができます。透明な折りたたみ式プラスチックカバーは、咳やくしゃみから中身を守ります。

従来のキャスタは操作性が悪く、凹凸のある場所での使用には難がありました。開発者は、Gastguardのあらゆる部品に満足していました ただし、アジアの他社製による直径80mmのボールベアリング搭載のプラスチックキャスタを使用した移動ベースフレームには不満がありました。転がり抵抗が大きすぎました。また、スロープや床の小さな隙間などでは、操作しにくいという問題がありました。代替案が必要でした。オーナーのお二人が求めていたものは明確でした。キャスタはドイツ製で、凹凸のある路面にも対応でき、システム全体の外観にマッチしたものであることが必要でした。


当社のソリューション

Blickle Kunststoffdoppelrollen Serie MOVE最終的に Blickle社のキャスタを採用することになりました。Blickleの素晴らしい製品群、ローゼンフェルド本社の高度な垂直統合、迅速で信頼性の高いカスタマーサービスが決め手となったのです。Blickle社のエンジニアは、同社の標準製品であるプラスチック製双輪キャスタMOVEと組み合わせる直径100mmの固定キャスタを開発しました。この技術革新は、自在旋回部の2つのボールベアリングを自在旋回部をロックする2つの特殊なプラスチックディスクに置き換えた、操向性仕様をベースにしたものです。MOVEツインプラスチックキャスタにはキャビネットを安全に安定させることができるロックが使用されています。また、耐磨耗性に加え、非常に床面保護に優れ、低騒音走行であることも特徴です。キャスタの表面はスムーズで清掃がしやすいため、特に衛生基準が厳しい場所での使用に適しています。ローゼンフェルトにあるBlickleの射出成形設備のおかげで、ホイールとキャスタのスペシャリストは、お客様が要求するRAL 9010色でシステムを提供することができました。


結果

Blickle製品を採用したことは、Gastguard システムの開発者にとって大きな収穫となりました。キャスタはデザイン的にも機能的にも、製品にぴったりとマッチしています。2つの自在キャスタと2つの固定キャスタを組み合わせることで、カトラリーディスペンサーと重いキャビネットを人間工学に基づき、簡単に移動させることができるようになりました。優れた旋回抵抗と極めて低い転がり抵抗を両立させたソリューションです。キック機能付きの特別形状のFI レバーは、オペレーターがどんな靴を履いていても、素早く人間工学的にロックを作動させることが可能です。


技術情報とメリット - LKD-PATH 100K-FI-GS10-962498 and BKD-PATH 100K-GS10-963544

  • MOVE自在キャスタと専用開発されたMOVE 固定キャスタの組合せ。
  • キック機能付きFI ストッパーレバーで傾斜安定性を確保。
  • 衛生面の厳しい用途に適した、スムーズな表面を持つ双輪キャスタ。
  • Blickle独自の射出成型設備による特別カラーを提供。